企業紹介

CSR&Environmental policy

モリマーグループのサステナビリティ推進について

モリマーグループでは全社を挙げてサステナビリティに関する取組を推進する為、2022年4月に経営戦略本部の中に「サステナビリティ経営推進グループ」を新設しました。

私たちが住む世界では現在、気候変動に伴う自然災害、資源枯渇、人権問題など多くの問題に直面しています。モリマーグループのサステナビリティとは、グループの存在意義とあるべき姿を示した経営理念に基づき、事業活動を通じてこれら社会問題解決に取り組みながら経済的価値を創出し、社会と共に持続的に成長し続ける事を基本方針としています。

具体的な進め方としては次の3つの取組を柱としています。

Ⅰ. サーキュラー・エコノミーの強化
環境対策を進め主に「廃棄物」の削減・ゼロ化を目指し、取引先とも連携し「循環型リサイクル」に取り組んでいます。

Ⅱ. カーボンニュートラルの実現
2050年カーボンニュートラル脱炭素社会を目指し、グループでは、すでに5ヶ所の事業所に「太陽光発電」を導入しておりますが、今後更に国内外の事業所に太陽光発電を積極的に導入を進める予定であり、その発電量は年間約2MWH(メガワットアワー)の規模となります。また、グループのGHG(温室効果ガス)排出数量の削減目標は2018年対比で2030年に50%削減することとしております。(写真は国内事業所の太陽光発電設備です)

Ⅲ. SDGsの推進:
2030年達成を目指すSDGsから、グループの重要課題(マテリアリティ)を特定し、マテリアリティごとのロードマップとKPIを策定しています。

モリマーグループCSR
持続可能な社会の実現に向けて、環境配慮や社会への積極的な貢献を行い、企業の社会的責任経営を推進していきます。
障がい者雇用の促進

モリマーグループは、株式会社仙拓に名刺作成を依頼し障がい者雇用の促進に寄与しています。
株式会社仙拓:https://sen-taku.co.jp/

国際環境規格「ISO14001」
の認証を取得

モリマーエスエスピー株式会社は、これまで環境改善活動に取組んできましたが、その活動内容が評価され、2010年1月15日、本社及び東京支店において国際環境規格「ISO14001」の認証を取得しました。

登録番号: JQA-EM6473
認証機関: 財団法人 日本品質保証機構 (JQA)

環境方針
  • Ⅰ. 基本理念

    モリマーエスエスピー株式会社は、地球の資源保護と環境改善が人類共通の最重要課題であることを深く認識し、企業活動のあらゆる面で、資源の有効活用、及び環境汚染の予防を含む環境保護に積極的に取り組む。

  • Ⅱ. 基本方針

    • 当社は環境配慮商品の継続販売に努めることで、環境に貢献する。
    • 当社は地球温暖化防止と環境負荷低減の為に省エネルギーと省資源に取り組む。
    • 当社は環境マネジメントシステムを活用して、環境目標を設定、定期的な見直しを行い、その継続的改善を図りつつ、環境保護に努める。
    • 当社は環境法規制はじめ当社が同意するその他の要求事項を遵守する。
    • この環境方針は、当社で働く又は当社のために働くすべての人に周知すると共に広く開示する。